スピリチュアルヒーリングにおける好転反応

スピリチアルヒーリングを行うと、必ずといっていいほど何らかの好転反応が起きる。


これは一時的出てくるこれまで溜まった毒素と考えていいだろう。


その人の問題が深刻であればあるほど、好転反応も強いものになり、一時期悪化したようになり、本人も戸惑ってしまうものである。


しかし、それでも止めずにヒーリングを続けていると、やがて好転反応はおさまり、本来のヒーリング効果が出てくる。


スピリチアルヒーリングにおいて、こうした浄化は避けられないものであり、この過程により真のヒーリングが開始されるのである。


好転反応では、肉体的、感情的問題が浮上してきて、とても辛い状態がしばらく続く。


お風呂のアカ落としみたいなものであろう。


もっと大きな捕らえ方では、人生における好転反応の中に、厄年があげられる。


厄年の解釈の一つとして、それまで溜まっていたネガティブな習慣的生活、想い、行いなどが、そのときに一気に噴出してくるというものである。


つまり、「人生の毒」を出すことによって、それまでのマイナスのエネルギーを浄化し、ゼロにする働きがあるというのである。


これによってその人は、さらに再びクリーンになり、更なる成長をすることが出来るのだ。


つまり、厄年と言われる一見マイナスの否定的な出来事も、スピリチュアルな意味においては一大ヒーリングの目的を持っていることになる。


それとは逆に、厄年にそれまで地道にプラスの努力を蓄積してきた人が、一気に運が開け、躍進する年となることもあるようだ。


これは、好転反応というより、大輪の花を咲かせるという意味であろう。


ヒーリングにおける好転反応は、あらゆる意味で私たちに役立っているのだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。