恋愛カウンセリングの実態

現代では、恋愛や結婚のトラブルは病気トラブルと並んで後が絶えないように思える。

そこで恋愛関係専門のカウンセラーによる、恋愛カウンセリングが数多く存在している。


やはり女性の相談者に対しての窓口が多いように思える。


男女間のトラブルは様々であるが、単純に彼氏がほしい、彼女がほしいが、どうしてらいいかわからないとか、

マンネリ化をどうにかしたいいとか、いつも同じような人を選んでしまうとか、

相手の本心を知りたい、よい結婚相手がほしいとかいったカウンセリングの内容が挙げられる。


実感するのは、男女間のしっかりとしたコミュニケーションを確立することだと思う。


コミュニケーション不足によってお互いの誤解が生じ、それがトラブルの原因になっているケースが多いように思われる。


恋愛におけるカウンセリングでは、こうした意見の行き違いや誤解を深く掘り下げ、絡まった糸をほぐすように、慎重に納得のいくまで突き詰めてゆくことによって、解決の糸口を見つけ、お互いがしっかりとした信頼関係をく築けるようにサポートするのが主な内容なのであろう。


恋愛のような感情的な問題は、やはりかなり苦しい状況を強いられるので、こうしたカウンセリングでの客観的作業が、非常に効果的な解決法として必要とされているのだと思う。


ひひどいものになると、ストーカー行為にまで発展するケース少なくない。


そうした場合、問題が病的にまで発展しているので、カウンセリング以外の処置が必要となるほどだ。


出来ることなら、二人で解決することが望ましいのだが、なかなかそうもいかないケースもあるので、こうしたカウンセリングの門をたたくことで、よりスムーズに解決へと導かれることを期待するのも必要な手段であろう。


コミュにーケーションが気薄な現代において、恋愛における豊かな会話を実現したいものである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37506589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。